相性占いの基本

相性占いの基本にある考え方として、東洋の占いには一貫して陰陽五行という思想が根底にあります。陰陽五行の教義には世界を構成する5つの気があり、木、火、土、金、水という木に始まり水に終わる関係が基本理念としてあります。これら5つの属性がどういった関係にあるのか、という点が相性探るために重要なポイントです。このページでは、相性占いの基本として、相性占いの根底にある陰陽五行についてご紹介します。

五行の関係

陰陽五行には「五行相生(ごぎょうそうしょう)」と「五行相剋(ごぎょうそうこく)」、さらに「五行比和(ごぎょうひわ)」という3つの関係性が存在します。互いの属性の相性が良い状態であることを五行相生、逆に相反した属性によって互いの長所を相殺してしまっている関係を五行相剋と呼びます。残った五行比和は五行相生・相克のどちらにも当てはまらない相性の状態を指し、プラスでもマイナスでもない関係を意味しています。

五行相生における属性(相性)の関係性

上記にて説明したように、五行相生における5つの属性は木に始まり水に終わるとされており、互いにプラスとなる作用をもたらす関係と言われています。属性(気)が木に始まり水に終わることは万物の理である森羅万象に沿った流れだとも言われており、この流れが乱れることで五行相克となるとも言われています。森羅万象の摂理とは、木は火を生み、火は土を生み、土は金を生む、そして金が水に変わり、水が木を生じさせるというサイクルになっています。
  • 1:木が燃えて火となる
  • 2:火が消えて土へと還る
  • 3:土は内部で金を生む
  • 4:金が冷えることで水が生まれる
  • 5:水が木を育てる(以降1に戻ってループ)

五行相剋における属性(相性)の関係性

五行相生の真逆となる五行相剋では、属性が互いに相反してマイナスの要素を生み出すことを意味しています。相生が命を生み出すサイクルだとすれば相克は生命を消すサイクルであり、その順番は木は土に、火は金に、土は水に、金は木に、水は火に打ち克つといった具合となり、互いに打ち消しあう関係となっています。
  • 1:木が土の内部から伸び出でて割る
  • 2:火が金を溶かす
  • 3:土が水の流れをせき止める
  • 4:金が木を傷つける
  • 5:水が火を消す

五行比和における属性(相性)の関係性

五行比和は上記2つの関係どちらにも属さない関係性であり、相生のように命を生み出すこともなければ相克のように命を消すこともありません。かといってマイナスになるわけではなく、あくまでプラスマイナスゼロを示しています。どちらにも干渉せず反発もしない属性は互いの属性が同一であることが条件なので、木+木、火+火、土+土、金+金、水+水という関係性となります。

Valuable information

訳ありの梅干し販売

Last update:2017/6/22